建築確認申請

確認申請は、設計図書を役所や確認申請機関に提出し、設計した建物が建築基準法に適合しているかどうか、確認してもらうこといいます。
確認申請が下りてから、工事の着手が可能となります。

建物が完成すると、完了検査を受け、確認申請どおり建物が工事されたかどうか検査を受けます。

住宅や共同住宅は、中間検査も義務付けられています。
木造住宅では、柱や梁、屋根など構造体が組み上がり、金物によって固定された後のタイミングになります。