建設工事

設計が終わり、工務店と契約をして、確認申請が下りると、いよいよ工事に入ります。【約5ヶ月】

◯工事請負契約

施工会社が決まれば、工事請負契約を行ないます。

  • 日程等打合せ:全体工程と地鎮祭等の日程の打合せ
  • ◯地鎮祭

    工事と将来の建物の安全を祈願します。

  • 縄張り検査(地鎮祭時):建物の位置を現場にロープで描き、配置位置の最終確認をします。
  • ご近所ご挨拶(地鎮祭時):工事中にご迷惑をおかけするご近所の方々にご挨拶します。
  • 地盤改良工事(必要な場合):地盤改良工事を行ないます。
  • ◯基礎工事

    工事は基礎工事から始まります。

  • 配筋検査:基礎配筋検査を行ないます。
  • ◯建前(上棟式)

    あらかじめ加工された構造材が、一日で一気に建ち上がります。

  • 木下地の確認(建前時):建前の日の夕方には床も張られ、内部に入れる状況になります。
  • 建物を一巡りして、窓の位置や、窓からの風景等を確認します。
  • 軸組の検査:構造材がすべて取り付けられると、軸組の検査を行ないます。
  • ◯中間検査

    屋根を葺いて、構造体を完成させると中間検査となります。

  • 申請機関による中間検査が行われます。
  • 電気・設備の確認:スイッチやコンセント位置、照明器具、エアコン等の配置などを確認します。
  • ◯内外装工事

    構造体が出来上がると、内外装工事となります。

  • 内外装材の確認:現地にてサンプルを確認します。光の当たり方や周辺環境とのバランスも確認します。
  • 外装下地検査:外装下地の検査を行ないます。
  • 内装下地検査:内装下地の検査を行ないます。
  • 外構の確認:建物がある程度形になったら、外構の確認を行ないます。
  • 表示登記 :足場を解体したら建物の登記を行ないます。(土地家屋調査士)
  • ◯完了検査

    審査機関、設計事務所、施主の三者が順に検査を行って完成となります。

    ◯引渡し

    完成すると、建築の引渡しとなります。