健康と住宅

人の健康に対して一番影響力の大きいものは、その人の心かもしれません。
健康な心が、健康な食事をし、健康な空間を選び、健康な体を作り、そうした総合的な結果として健康な人生になると思います。

人間の体はおよそ7年でまるっきり入れ替わります。
一日食べたものは、体の0.04%となって毎日入れ替わってるのです。
水も空気もその手助けをしています。
住宅など建築空間は、心のやすらぎや毎日のリズムを生み出して、安定した生活を演出します。
同時に、気持ちのいい空気、気持ちのいい光、気持ちのいい熱環境など、体に直接働き掛ける事で健康な生活に貢献します。

住宅は、役割とすれば潜在意識に働き掛ける裏方ですが、数十年ものあいだ毎日毎日がんばってくれています。