諸費用について

◯調査申請費用

  • 地質調査
    現在は、瑕疵保険に入ることが必須となっています。
    保険会社は地質調査資料の提出を要求しますので、安全な土地であっても、地質調査は必要となっています。
    個人住宅のような小規模な建物であれば、スウェーデン式サウンディング試験が一般的です。
    地質調査費用:31,500円〜

  • 確認申請手数料
    建築を建てるためには、行政機関又は申請機関に、確認申請(設計図書)、中間検査(躯体)、完了検査(建物完成時)を受ける必要があります。
    100m2未満:41,000円 100m2〜200m2未満:58,000円 (広島建築住宅センター)

  • その他の申請
    土地の状況や、建てる建築によっては、確認申請以外の申請が必要な場合があります。
    地目が農地の場合、隣地と2m以上の高低差がある場合、敷地が直接道路と接していない場合等です。
    新たに土地を購入するときは、不動産屋から重要説明事項で説明を受けると思います。

◯登記費用

  • 建物表題登記
    建物が新たに建てられたときに行われる登記で、行わなければ罰則があります。
    家屋調査士さんに委託します。

  • 所有権保存登記
    表題登記が終わった後、建物の所有権を登記するために行われます。
    抵当権を設定するには必須の登記です。 司法書士さんが行ないます。
    登録免許税は、不動産の評価額の1,000分の1.5です。(平成23年3月31日まで軽減)

  • 建物滅失登記
    建替の場合は、解体した建物の滅失登記を行ないます。 家屋調査士さんに委託します。

  • 上水道負担金
    上水道を新たに引いたり、口径を大きくすると、上水道負担金を水道局に支払う必要があります。
    元々小さな口径のメーターがあり、新築時に口径を大きくするとすれば、差額を支払うことになります。
    口径は蛇口の数で決まってきます。
    20mm:131,250円 25mm:241,500円 13mm→20mm:78,750円 (広島市水道局)

◯借入関連費用

  • 融資手数料
  • 保証料
  • 印紙税
  • 火災保険
  • 生保
  • 中間金金利
  • 抵当権設定費用

◯税務費用

  • 契約書印紙税
    工事請負契約書に貼る印紙です。
    工事費1,000万〜5,000万円までは、15,000円です。(平成23年3月31日まで軽減措置)

  • 不動産取得税
  • 固定資産税
  • 都市計画税

◯その他費用

  • 地鎮祭玉串料
    地鎮祭を行う場合の費用です。 神式の場合は、神主さんへの玉串料になります。 3〜3.5万円です。

  • 上棟式費用
  • 仮住まい家賃
  • 引越し費用
  • 家具購入費等
  • 予備費