家づくりで大切なこと

家づくりは、家族にとって金額も期間も最大であると同時に、初めての方がほとんど・・・というイベントです。

まず、体制を整えることが大切です。
家族とよく話し合う機会をつくり、結論を導く流れを作ること。日常の意思の主張や決定権と、家づくりはちょっと違ってくることもあります。家に対する想いや熱意も含めて、しっかり話し合いましょう。

次に、熱くならないこと。
日常的に遣ってる金額と桁が違いますし、選択のスケールも大きくなります。特に土地を買うときなど、熱くなっても、ほどほどに冷やしつつ、間違いのない判断を行えるようにした方がいいと思います。

そして、信頼できる専門家を探すこと。
家を建てることを考え始めてから、最終的に引っ越すまで、長い時間に膨大な選択を行うことになります。
幸せな暮らしを実現する家を建てるという一つの目的に、ぴったり合った選択が矛盾なく行えて、クオリティの高い家をつくるというのは、いい出会いが大切です。

プロセスを楽しむこと。
いい家をつくるための一番大切な手段は、家を建てるプロセスを充実したものにし、それを楽しむことです。
もやもやした雲のようなイメージが、一年ちかくの時間と、設計者との対話や、多くの建設関係者の作業で、現実の大きな住宅になります。
その長くて充実したプロセスの成果が、完成形である住宅となります。
ぜひ、一緒に楽しみましょう。