住まいの本

[amazon_image id=”4795221235″ link=”true” target=”_blank” size=”medium” ]「私の家」白書―戦後小住宅の半世紀 (住まい学大系)[/amazon_image]「私の家」白書―戦後小住宅の半世紀

清家清が戦後に建てた「私の家」と、その後の変遷は、戦後の住宅を確実に記録している。戦争直後、戦前の日本文化を完全に否定するところから新しい文化の創造がはじまった。「私の家」では、玄関をなくし、家を土足のスタイルにするところまで突き詰めた。当然他にもさまざまな挑戦はあった。その後、母家の建て替えや増築などを通して住文化への挑戦は続いた。最終的に、「私の家」の上空に航空貨物のコンテナが架け渡される事になるのだが、非常に楽しく豊かな生活を通した表現は重く、清々しく心に届くものがあった。

[amazon_image id=”4130638017″ link=”true” target=”_blank” size=”medium” ]「住宅」という考え方―20世紀的住宅の系譜[/amazon_image]「住宅」という考え方―20世紀的住宅の系譜

住宅そのものというよりも、住宅をとりまく20世紀の社会の状況を中心に書かれた本です。
非常に面白い本です。

[amazon_image id=”4767809185″ link=”true” target=”_blank” size=”medium” ]住まいの解剖図鑑[/amazon_image]住まいの解剖図鑑

住宅の様々なものや形の意味をイラストで表現しています。
面白い本です。

[amazon_image id=”4395008844″ link=”true” target=”_blank” size=”medium” ]住まい方から住空間をデザインする―図説住まいの計画[/amazon_image]住まい方から住空間をデザインする

住居学をわかりやすくした本・・・といえば身も蓋もないが、暮らしを客観的にながめている本なので、かなり参考になりますし、面白いです。

[amazon_image id=”476781023X” link=”true” target=”_blank” size=”medium” ]建築家が建てた50の幸福な家[/amazon_image]建築家が建てた50の幸福な家

建築家がつくって、長く住み続けられた住宅を訪ねた本です。建築が作られた瞬間は、あくまでも建築のスタートであって、本当の建築の生涯はそれから始まる・・と思います。